多くの細菌に対して殺菌効果を持つミノサイクリンを利用して上手に殺菌を行いましょう

ミノサイクリンは、たんぱく質ができるのを阻害し、病原微生物の増殖を抑える働きをする抗生物質です。
細菌が育成するためには、たんぱく質が必要となります。
ですから、たんぱく質ができるのを阻害するミノサイクリンは、抗生物質として機能しているのです。
また、通常の量を服用すれば病原微生物の増殖を抑えるだけですが、高濃度で使用すれば滅菌(菌を死滅させること)することもできます。

ミノサイクリンが主成分の抗生物質はミノマイシンがあり、テトラサイクリン系の抗生物質にあたります。
ミノマイシンは性病であるクラミジアや、ニキビにも効果が期待できます。
また、ジェネリック医薬品も発売されており、ディバインという製品名で販売されています。
ミノマイシンは通販で安く買えるので、必要な方は病院へ行くよりも手軽でいいかもしれません。

ミノサイクリンを含む薬は昔は頻繁に使用されていた薬なのですが、効かない細菌が増えたり、副作用の問題もあること、更には、広域用ペニシリン剤やセフェム系の抗生物質といった、より効果があり、尚且つ安全性も高い抗生物質が出現したため、あまり最近では使用されなくなっているという情報もあるようです。
しかし、セフェム系の抗生物質では効かない病原微生物もおり、その病原微生物による感染症の治療薬として再び注目されています。

具体的には、グラム陰性桿菌に効果があり、その他にもブドウ球菌・連鎖球菌・肺炎球菌・大腸菌・淋菌・シトロバクター・エンテロバクター・クレプシエラ・プロテウス等に効果があります。
そして、チフスやつつがむし病等の皮膚の感染症、扁桃炎や咽頭炎、気管支炎等の呼吸器の感染症、膀胱炎や尿道炎等の泌尿器の感染症、目・耳・鼻の感染症、歯周病等の治療に用いられています。
効果は12時間以上持続します。
また、レボフロキサシンは膀胱炎にも効果的です。
膀胱炎の症状にお悩みの方はレボフロキサシンも検討すると良いでしょう。

主な副作用として挙げられるのが、かゆみや発疹といったアレルギー症状です。
長時間、直射日光にあたっていると、アレルギー症状が起こりやすくなります。

また、稀ではありますが、著しく体の機能が低下し、生命が危険になるショック状態になる場合があります。
口内が渇く、痛む、ただれる等したり、めまいや耳鳴り、呼吸がゼーゼーする等といった症状になった場合は、ショック状態の前兆である可能性が高いので、すぐに医師の診察を受ける必要があります。

記事一覧
病原体

今般のストレス社会に悩み、腸内環境に不安を持つ人は多いといわれています。 厚生労働省によれば、腸内環...

考えている女性

腸管内の常在細菌とは、人の体の中に存在する細菌の事です。 消化管に存在している細菌の事は腸内細菌と呼...

ウィルス

臨床細菌で動物由来感染症を引き起こす微生物の存在が明らかになりました。 これらの小さな細胞は、通常は...

多様なカプセル

最小発育阻止濃度(MIC)とは、抗生物質の効果を示す指標のことで、細菌の増殖を抑制するために必要な抗...

人気記事一覧
アーカイブ